高校留学の情報はここから!

このサイトでは、ニュージーランドに高校留学をする際に一番気になる費用について紹介します。
最近は、比較的留学がしやすい環境になってきてきますが、留学には安くないお金がかかりますし、特にお金を用意しなければならない親御さんにとっては重大な問題です。
ですのでこのサイトでは、おおよそいくらかかるのかという相場はもちろんのこと、地域による違いや移動費、そして生活費やバイトに関することまで、幅広い話題を取り上げます。

高校生のニュージーランド留学費用相場

高校生のニュージーランド留学費用相場 ニュージーランドは、日本からの留学が多い国の一つですが、費用面に関しては、他の地域と比べて若干や安い傾向にあると言えるでしょう。
実際の高校留学の相場については、1年間で総額250万円~350万円程度になると言われています。
金額に幅があるのは、公立と私立で高校留学の学費が違うからであり、公立は100万円程度で済みますが、私立だと150万円程度と高くなるからです。
そして学費以外のものとしては、ホームステイや生活費が100万円~150万円程度かかりますし、その他に保険やサポート費などが必要になってきます。
以上のことを踏まえると、費用をできるだけ安くしたい場合は、私立よりも学費の安い公立を選ぶとよいと言えます。

ニュージーランドに高校留学に行く時の必要な費用

ニュージーランドに高校留学に行く時の必要な費用 高校留学は夏休みや冬休みなどの比較的短期で行うものもあれば高校に入る正規留学もあり、それぞれ費用も異なりますが、およそ1ヶ月30万〜50万、1年で200万〜500万が相場です。
また入学する学校が私立か公立かでも学費は異なり、公立校は年間100万前後、私立校は120万〜400万程度かかり、私立のほうが高くなります。
ただし私立には学費に寮費が含まれている所もあり、公立よりも宗教教育をカリキュラムの中心に掲げているので、校則や規律に厳しい所もあり、それだけきちんとしたニュージーランド特有の教育を体験できるメリットがあります。
その他の渡航に関する手続きとしてビザの発行などがありますが、留学期間が3ヶ月未満なら必要なく、学生ビザなら申請料は無料です。
高校留学の期間から見ると一週間程度のお試しコースなら授業料や食事、宿泊代を合わせて10万前後です。
平日は学校で密度の濃い英語の勉強ができ、休日にはマリンスポーツなどをしながら手軽に貴重な体験ができます。
夏休みなどの長期休暇を利用する1ヶ月コースなら35万、1年間コースだと240万で、ニュージーランドの未成年の留学生をバックアップする体制や現地のガーディアンと呼ばれる親代わりの人にサポートされて、英語や現地の生活を満喫できます。

人生における高校留学の意味と帰国後の成長について

若い時の苦労は買ってまでやれ、と言われていますが人生は二度とありません。もちろん死後の世界がどのようになっているかは誰にも分かりません。高校生ですと15歳から18歳位の年齢と思いますが、この年齢での高校留学は長い人生の中でとても貴重な経験ができる素晴らしいことと考えます。親としては日本を離れ、見知らぬ外国での生活や勉強など心配することは多々あることと思いますが、若い力と行動力を信じ、高校留学のチャンスがある場合には是非とも行かせてあげて下さい。家庭の状況等で高校留学どころか、高校進学されままならない生徒さんがいる中で、高校留学出来る環境はとても素晴らしいことと思います。きっと帰国後には、人周りも二回りも大きくなって帰ってきます。今後の人生に大きく役立つ力を蓄えて来ると確信して下さい。多少の出費や経費はかかるかも知れませんが、その何倍もの知識や教養、そして人生を生き抜く力を携えるでしょうから、迷うこと無く行かせることがベストです。

高校留学でのホームステイの魅力のひとつは現地の家族と触れ合い

高校留学で滞在先となるのは、主に学校などの寮やホームステイになります。学生寮にも様々なタイプがあり、個室から4人部屋くらいまでのものがありますが、世界中から集まってきた仲間と寝食を共にし、暮らしぶりに個人個人の差が出ることはあまりありません。それに対してホームステイとはその名の通り、現地の一般の家庭に滞在し、ホストファミリーと一緒に家族の一員として暮らすものです。さまざまな家族がありますが、いずれの場合もそれぞれの国にあるホストファミリーの規定をきちんとクリアしています。ステイ先によって家族の状況が違うので、みんなが同じような環境にはなりませんが、現地の生活にダイレクトに触れられ、町に溶け込んだ暮らしができるようになります。個人差はありますが、留学後もホストファミリーと長く交流を続けるケースが少なくはありません。語学力をつけることはもとより、その異文化体験とホストファミリーとのつながりが高校留学で得られる大きな収穫ともいえます。

ニュージーランドへ高校留学することで、同時に英語力も取得可能

高校生の海外へ留学先には、いろいろな国があります。その数ある高校留学の候補さきの中でも、英語圏へ留学する人が多くなってきているのが特徴的です。英語圏にある国へ高校留学をすることで、同時に英語力をあげることも出来るため、英語圏への留学はとても人気が高くなっています。しかし、英語圏への高校留学は学習面だけでなく、留学期間が一般的に長期間になることが多いため、かかる費用が多くなりがちなことも、考慮に入れなければなりません。一般的に、英語圏への留学は生活費や、留学に関する授業料などの費用が多くなることが多いです。そのなかでも、比較的に費用をおさえることが出来るのが、ニュージーランドへの留学です。それだけでなく、ニュージーランドは治安が優れていて、気候が安定しているだけでなく、教育に熱心な国としても知られているため、留学先にふさわしい国の一つと言えます。また、留学して同国の高校でNCEAの必要単位を取得すれば、同国の大学や専門学校に進むことが可能になります。卒業後は、その他の英語圏の大学へ進むことも可能で、同国以外のオーストラリア・アメリカ・カナダなどの大学へ進むこともできるところが特徴です。日本の大学入試においては、2年以上現地校に通っていた人は、帰国子女扱いとなることも特徴の一つと言えます。

ニュージーランドへの高校留学や、現地で得られること

高校生の海外留学先として、非常に人気の高い場所にニュージーランドがあげられます。同国は治安も大変よく、気候も安定していてすごしやすい気候のため、生活したり過ごしていくためには最適の場所と言えます。英語圏の国のなかでも、ニュージーランドは留学生の受け入れに寛容な国として知られており、日本での成績に関係なく留学生を受け入れてくれる学校も数多くあることが特徴です。同国はもともとが移民の国であるため、高校留学などにおいて、留学生などの英語習得に関するプログラムなどが充実しています。このため、留学生などが英語を習得するには申し分ない環境と言えます。高校留学には、一般的に短期留学と長期留学とがあり、短期留学は春休みや夏休みに留学をするもので、比較的短期間なところが特徴です。長期留学は、現地の高校に留学することを指すことが多く、同国の高校を卒業することもできるため、現地の大学に進学することも可能です。このように、同国の大学への進学も可能ですが、日本の大学入試を受けることも可能で、2年以上同国の高校に通っていた場合には、日本の大学入試で帰国子女扱いを受けることになります。また、留学に関する費用も比較的おさえられていたり、柔軟な受け入れ態勢が整っていることも、同国への高校留学の特徴の一つといえます。

もっと高校留学の情報を探すなら

ニュージーランドへ高校留学しよう

新着情報

◎2021/2/12

留学は卒業後に行った方が良い?
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

留学費用はバイトで賄える?
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

留学中にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「ニュージーランド 費用」
に関連するツイート
Twitter

資産の減価償却費は費用である。55年先を考える必要がある。日本は中国に近いというメリットがある。アメリカとオーストラリアニュージーランドとは違うメリットがある。これを米中露朝に近いというメリットを活かしていけば良い。ロシアは歯舞諸島積丹諸島で南進し

🆕ブログ更新 【子連れ海外移住 】 ニュージーランド・オーストラリア・カナダを比べてみた(生活・社会保障・子育て費用・永住権・市民権)👉  ※長文だす

【必見】ニュージーランド留学の期間別費用内訳と節

返信先:コロナ対策を長年失敗し続けている経済政策と両立を狙う自公政権 一方コロナ根絶を実行するニュージーランド政権 国民の命第一のNZ‼️ 貧困格差拡大の自称G7の日本‼️ 恥ずかしくて比べることができない日本とNZ 「強い日本」⁉️ 米国の傘の下購入した武器基地の費用で福祉は削減‼️ 国民は苦しんでいる‼️

返信先:息子はニュージーランドに留学してました。結構費用掛かったよ😭